トップページ
トップページ RI会長メッセージ ガバナー挨拶 クラブ運営方針 庄原RCニュース
理事・役員委員会構成 歴代役員 例会・行事予定 リンク メール

2010年02月16日

一個人から見た 今時の中国事情

 去る、1月19日の中国出身のリュウ ゲンメイさんの卓話をご紹介したいと思います。異国の地で努力され、帰国後成功されているリュウ ゲンメイさんの体験談は我々にも大いに参考になるのではないでしょうか?

ゲスト卓話「一個人から見た 今時の中国事情」
リュウ ゲンメイ 様

 皆さんこんにちは。私はリュウ ゲンメイといいます。私は1996年に日本の舛元木工鰍ノ研修に行きました。3年間の研修期間が終わって、1999年の10月に中国に帰りました。
 帰国後は、冷凍食品のニチレイに入社して、通訳として2年間頑張りました。2001年に舛元木工との関係で大連に入りました。独立してから半年経ちますが、商売はますます良くなっています。日本のお客さんに安くて良い商品を紹介して、私がその間で手数料をとって、半年しかやってないですけど、今一ヶ月の売上げは200万ドル位です。
 私の目から見た中国の話を少ししたいと思います。
 私が13年前日本へ行く前にはお金持ちの人しか携帯電話を持っていませんでしたが、今は年寄り以外は皆な持っています。それから、日本へ行く前はスーパーマーケットもありませんでしたが、今は日本と同じようにいろいろあります。日本へ行くまでの私の給料は1万円しかなかったのですが、今は普通の会社員でも2万円以上の給料になります。
 不動産については、13年前に比べると5倍以上上がってきました。私は大連に住んでいますが、8年前に来た時は1uは2,000元位でしたが、今は15,000元で7倍上がっています。
 私は日本向けの仕事を10年位やってきましたけど、全てのお客さんが不景気、不景気と言っていますが、しかし、その中でも毎年売上げを伸ばしている会社もあります。やはり、品質、価格、納期、この三つをしっかりしていけばチャンスはあります。
 しかし、考えましたけど、売上げが伸びているのはインターネットの販売が一番ですね!今の若い人は皆なインターネットで遊んでいます。買物もよくインターネットで買います。中国でもネットが流行です。ネットで買い物をするのは、おしゃれと人気があります。
 日本は不景気です。一番売れる商品はやはり安い商品です。今回、10年振りに日本へ来ましたが、日本はあまり変わっていないと感じました。中国が今からどうなるか分かりませんが、これからも日本のお客さんと一緒に頑張っていきたいと思っています。
posted by 庄原ロータリークラブ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35492371

この記事へのトラックバック

e-mail